更新日:





    消費者金融のキャッシングも、銀行のカードローンも自分の状況や目的によって使い分けるのが最善の方法です。


    急いでいる人は最初に大手消費者金融で借り入れをして、時間に余裕ができたら金利が低い銀行カードローンに借り換える方法がベストです。


    今日すぐに借りたいと思っている人や、利息を少しでも低く抑えたいと思っている人など、お金の借り先や借入方法などで迷っている方、悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。



    申し込んだその日に即日融資でお金を借りる方法


    今日中にお金を借りたいと思っている人は、VisaやJCBなどクレジットカードのキャッシング(現金枠)を使ってお金を借りる方法が一番早いです。


    金利は高めですが、クレジットカードのキャッシング利用限度枠内であれば、審査なしでお金を借りることができます。


    しかし、クレジットカードの現金枠では足りない場合や既に利用限度枠を超えている場合は借り入れできません。


    そうなると、次に早いお金を借りる方法は、大手消費者金融を利用することです。


    プロミス、アコム、アイフルなどは審査が早く、土日、祝日も審査してくれるので、申し込んだその日に即日融資でお金を借りることが可能です。審査に通過することが前提となります。


    申し込みから借入までの手順

    申し込みは先にネットで済ませておく

    ほとんどの大手消費者金融は、24時間365日申し込みを受付しています。空いた時間にパソコンやスマホなどから、先にネットで申し込みを済ませておきます。


    どの会社も申し込みフォームの入力項目は、ほとんど同じなので申し込みは10分〜20程度で完了します。

    .

    本人確認書類など必要書類の提出

    申し込み受付後、運転免許証や健康保険証など審査に必要な書類を提出します。それから審査が始まります。書類の提出方法はメールやアプリなど会社によって異なります。

    .

    審査結果の連絡待ち

    それから審査結果の連絡を待ちます。審査結果は約30分〜1時間程度でメールまたは電話で連絡が来ます。

    .

    自動契約機で契約手続きの完了とカード発行

    審査完了後、最寄りの自動契約機で契約を済ませてカードを発行します。

    .

    カードでお金を借りる

    各社が提携しているコンビニATMなどでカードを使ってお金を借入して完了です。

    .

    申し込んだその日に借入する方法は、自動契約機でカード発行することです。大手消費者金融なら土日、祝日も審査、融資に対応しているところが多いです。



    利息を少しでも低く抑える方法


    申し込み当日に借り入れする方法を解説しましたが、更に利息を低く抑える方法を解説します。


    消費者金融の金利は銀行カードローンに比べて高いですが、消費者金融には初めて利用する人のために無利息期間60日、60日間金利0円など、無利息サービスを設けているところがあります。


    無利息期間内に完済できる見込みがある場合は、実質利息0円で借り入れすることができます。


    完済できなくても、時間に余裕ができるので、無利息期間中に金利が低い銀行カードローンへ借り換えするという方法もあります。


    利息を低く抑えたい場合は、銀行への借り換えを視野に入れて無利息期間がある消費者金融を選ぶことをおすすめします。



    無利息期間を使って銀行カードローンに借り換えする方法

    新規申し込みで60日間の無利息期間サービスを利用する

    10万円借り入れしても、無利息期間中は元本のみで利息は付かない。

    .

    無利息期間中に銀行カードローンに申し込みをする

    利息が付かないので、元本を減らすために初回の返済額は3万〜5万円と多めに返済する。60日間(2ヵ月)の余裕があるので、その間に銀行カードローンに申し込みをする。

    .

    銀行カードローンと契約できたら借り換えをする

    2回目の返済は無利息期間の最後になります。銀行カードローンと契約できたら借り換えを行いますが、2つの借り換え方法に分かれます。

    • 自分のお金で完済して消費者金融を解約するか、または利息が付かない1,000円以下の借り入れ残高まで返済して契約を維持する方法
    • 銀行カードローンから借入し、完済して消費者金融を解約するか、または利息が付かない1,000円以下の借り入れ残高まで返済して契約を維持する方法

    どちらの方法を取っても、最初に付く利息は低い金利が適用されるので、利息を低く抑えることができます。


    無利息期間が使えない場合でも、この方法はメリットがありますので、借り換え前提に消費者金融から借入することをおすすめします。


    審査や借り入れの対応が早い消費者金融と金利が低い銀行カードローンを上手く使い分けて賢くお金を借りましょう。



    今は個人でも銀行から借り入れが出来る


    今は銀行カードローンを使って個人で借入することが可能です。銀行カードローンも審査に通れば即日で借り入れすることが可能です。


    三菱UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行などのメガバンクの場合は、系列の消費者金融や信販会社が保証会社になっているため、カードローン審査のスピードも昔より早くなっています。


    銀行のカードローンは、消費者金融に比べて低金利で借り入れできることが最大のメリットですを。


    デメリットとしては、保証会社の審査時間が短くても、保証会社の審査とは別に銀行のカードローン審査があります。


    大手消費者金融に比べると、どうしても銀行カードローンは審査時間がかかりますし、保証会社とは別に銀行側の審査もあるので、審査基準も厳しくなります。


    とにかく今日中で最短融資を受けたいという人はプロミス、アコム、アイフルなど大手消費者金融を利用して、時間に余裕がある人は銀行カードローンを利用することをおすすめします。